医師アルバイト求人.com

医師バイトの面接対策について

医師のアルバイトや転職などは、今まで良くも悪くも医局が医師たちの人事権を一手に握っており、医局長の一声で職場が決まっていた流れがありました。しかし昨今は医師の世界に独特に存在した医局制度は縮小化にあり、医師たちが自由に自分の意思で職場選択ができる時代にきています。深刻な医師不足を打開するために自ら優秀な人材を積極的に求める病院も増えており、医師の需要形態は想像以上に多様化しています。職場の選択が自由になった反面、医師たちも自分で仕事を探すことが必要になり、これからは一般的な職業に就く人たちが就・転職する際と同じようなプロセスで仕事を探し、職場を選択していくことが求められるでしょう。

就職や転職、もちろんアルバイトにおいても採用の際に避けて通ることができないのが応募先との「面接」です。医師は人を相手にする仕事であるため、中には面接には慣れている方も多いかもしれませんが、職場の面接は面接される側に立たなければならず勝手が違います。限られた時間の中で医師としての資質や能力を相手に充分理解してもらわなければなりません。医師としてのスキルをアピールすることも必要になるでしょう。就職・転職の採用の合否は80〜90%が面接で決まると言われているため、しっかりと面接対策をして本番に臨むことが大切です。

面接では「志望の動機」「この仕事を志望する理由」「病院のどこに興味や魅力を感じるか」といった点が特にポイントになります。一緒に働くことになるかもしれない医師が、医療に対し同じ目的意識や同じ方向性を持っているか否かが、協働して働いていく上では大変重要になるからです。また質問のやり取りの中では話題を展開し、抽象的な質問を投げかけることで理解度・判断力・考察力を見たり、自己表現からその医師の持つ人間性・性格・仕事の適正などを引き出すなどして人物を評価していきます。

具体的な面接の対策としては応募する仕事先と自分自身について徹底的に調べ上げ、頭で理解し、自分の言葉で意見や説明ができるまで訓練を重ねることが大切です。自分のことは分かっているようで、実は曖昧なもので、いざ面接の場で自分のことを話そうとしてもなかなか表現できないものです。志望動機はもちろん、自分の性格、ポリシー、これまでの実績や研究論文の内容、などは一度整理し、面接で聞かれたら言いたいことはまとめておくと良いでしょう。

また基本的なことではありますが、面接に遅刻は厳禁です。面接場所、交通手段、所要時間などは事前に確認し、入退室の仕方、挨拶、お辞儀などビジネスマナーに不慣れな医師の方たちはちょっとした面接のマナー、ポイントをおさえることで面接をスムーズに、スマートにこなすことができるでしょう。

面接でお悩みなら以下のランキングをご参考に!

  サービス名 利用料金 対応エリア 運営企業 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 株式会社
リクルート
ドクターズキャリア
詳細
【 当サイトがお勧めするポイント 】
■人材紹介業大手リクルートの医師に特化した運営サイト。医師の利用者急増中で人気1位に!
■「面接なし」「即高収入可」「日勤10万円以上」など好条件のアルバイト案件を多数保有。
■医師専任のキャリアアドバイザーが厳選された求人を紹介し、納得の適職探しを叶えます。
■優良な医師求人情報を常時10,000件以上保有し好条件・厚待遇の求人案件が豊富です!
■一般診療科目はもちろん、放射線科や脳神経外科など専門性の高い診療の求人もあります。
■体力的な負担が少なく本業と兼務でもバランスが取りやすい医師のアルバイト案件を紹介。
■週1回、勤務曜日相談可、復職応援などライフスタイルに合わせた働き方も叶います。
■リクルートドクターズキャリアなら専門性や持ち前のスキルを活かす職場が見つかります。


 ⇒⇒ 人気ランキング(2位以降)をもっと詳しく見てみる


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2012-2017 医師アルバイト求人.com All Rights Reserved.